調布市市民プラザあくろす市民活動支援センター

2017年春の交通安全運動に協力(航研前交差点で交通安全活動)

画像1
航研前交差点における交通安全活動
現地は東八道路の整備が進み中で一段と交通量が増えてきている三鷹通りとの交差点であり、朝夕は通勤通学の方の往来も多く大変危ない箇所。三鷹市側とも生活環境で共有するところも多い当地域にとって安全は大事な課題となっている。地域を代表する団体の一つでもあるふじみ地区自治会等連合会と協力、地域の各自治会と一緒に毎年活動をしています。
(2017年春の参加延べ人数:80人)
 北の台第二自治会、香風自治会、さつき会、深大寺東自治会、深大寺東第一自治会、
 二八自治会、野ケ谷第二団地自治会、なかま・町づくり、タスクネット東京


生活・幹線道路の歩道危険箇所の改善活動(都道三鷹通り)

画像2
歩道の危険箇所改善に向けた活動
三鷹通り、消防大通り、野ケ谷通りなどは、北部地域の生活において大変重要な通りです。特に三鷹通りは災害時の緊急道路として指定されていますが、通りの歩道には危険な箇所が多い。当会では住民目線で観察、得た情報をもとに行政と話合い、改善に結ぶよう目標を定め、交通安全、生活安全から地域づくりを考える活動をしています。


 

青色回転灯装備の民間青パトによる防犯活動:都より感謝状をいただきました。

画像3
JCOMチャンネルの民間青パトへの取材
調布市初の民間による青パト活動も4年を経過して徐々に浸透をしてきました。引き続きコミュニティーをつくりをしながら地元の安全安心作りに寄与したいと思います。
<2016年の活動実績>
・防犯活動回数:68回
・参加人数(延べ):286人
・活動時間:116時間
・活動距離:547km
・街灯切れ通告:56か所
昨年10月、平成28年度東京都青少年・治安対策本部長賞として感謝状を授与されました。これら活動についてJCOMチャンネル(ディリーニュース)より取材を受け、1月と4月にニュースとして一部放映されました。

整理番号 02-00023943
サークル名 タスクネット東京 ( たすくねっととうきょう )
簡単な内容紹介 交通安全・生活安全からまちづくりを考える活動
活動内容 交通安全、生活安全活動を通して、自分たちが暮らす地元から、安全安心な地域づくりを行うことを目指す自主活動をしています。
1.民間による自主防犯パトロール(青パト)
2.生活道路の見直しと対応策の検討を通し、地域の安全安心まちづくり活動
3.通学の安全見守りや公園周辺の清掃、防犯パトロールなど
4.自転車事故の削減のための新たな啓発活動
活動場所 調布市北部地域
対象者 どなたでも
入会条件 なし
レベル 特になし
入会金等 サポーター : 1000円
賛助会員 : 3000円

年会費:2000円

正会員 : 2000円
会費 2000円 / 年
主な年齢層 50代/60代/70代
会員数 男性:8人  ・  女性:3人
専門分野 災害・安全/交通安全、まちづくり/地域安全
このページより先のリンク先は、外部へのリンクとなる場合があります。各自の責任で閲覧をお願いいたします。
Copyright (c) 調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター All rights reserved.
〒182-0022 東京都調布市国領町2-5-15 コクティー2階
TEL:042-443-1220 FAX:042-443-1221 e-mail: