調布市市民プラザあくろす市民活動支援センター

ACP(人生会議)って何?

画像1
簡単に言うと、「もしもの時の準備。」
人生の最期に自分の望む医療やケアを受けられるように、また自分らしい最期を迎えられるように自分が大切にしていることを前もって考え、家族や友人や主治医やケアする人とそれを共有する取り組みをACP(人生会議)といいます。(写真は厚労省のHPより転載)


人生の最後について考えたことがありますか?

画像2
いつかは、必ず人生の最期が来るということは誰もが知っているはずなのに、そのことをなかなか自分事としては考えられないのがほとんどだと思います。

「まだまだ、大丈夫。今日でもないし、明日でもない。」

せめて1度でもいいから、こういった問題について真剣に考えてみてもいいかも知れません。そのように、感じるのは私が看護師として経験を積んできたことに影響されています。

人生の最期をどのように迎えたい?
どこで誰と?どんな医療やケアを受けたい?
自分にとって大切な人、大切にしたいことは?
そしてそれを誰かに伝えている?

このようなことを考えるきっかけとして、「私の大切なことノート」を作成いたしました。

私たちが開催する講座は、「ACP(人生会議)ってどんなことなの?」ということを学び、「私の大切なことノート」に一緒に記入しながら、自分のことを良く知り、自分らしい最期の迎え方を考えるきっかけづくりをしています。

自分らしい最期の迎え方を考えることは、決して後ろ向きで暗いことではありません。これは前向きにこれからを生きる生き方を考える仕組みになっています。

私たちのボランティアの目指すところ

看護師をしてきた経験を生かして、ACP(人生会議)の啓蒙活動をしています。
「私の大切なことノート」を作成し、それを使用した講座の開催をしています。

少人数での講座を開催し、ひとりひとりに丁寧にACP(人生会議)をお伝えしています。ACP(人生会議)は一度でなく、繰り返し行うことが大切です。なぜなら、人の気持ちは変わるからです。こうしたことを一人で考えるのはなかなか大変なことです。その為、一度講座に参加してノートを購入してくださった方は、その後いつでもお気軽に私たちの会にいらっしゃってください。私たちはそのような時間と場所をを作っていきたいと考えております。

このような考えに共感してくださり、高齢者の方との関りが好きな方の
ボランティアさんも募集しております。一緒に心の成長をしていきませんか。

整理番号 02-01402517
サークル名 高齢者支援ボランティア セルフエスティーム
簡単な内容紹介 高齢者支援ボランティア
活動内容 ①アドバンス・ケア・プランニング(人生会議)の啓蒙活動と[私の大切なことノート]の作成、それを使った講座開催
②施設と個人宅に伺う、傾聴ボランティア 
活動日 不定期(都度話合いの上決定)
対象者 成人/シニア
入会条件 高齢者支援にご興味のある方 高齢者と接することが好きな方
レベル 特になし
主な年齢層 40代/50代
会員数 男性:1人  ・  女性:2人
専門分野 保健・医療・福祉/高齢者支援
出前講座 ◆看護師と一緒にアドバンス・ケア・プランニング(人生会議)を知ろう!
「私の大切なことノート」を一緒に記入してみよう!

[対象]高齢者
[期間]1回単位でも。継続的にでも。
[費用]お1人 600円 (私の大切なことノート代含む)
2回目以降の参加費は300円



◆傾聴ボランティア 
[対象者]高齢者
[期間]1回単位でも。継続的にでも。
[費用]1回 1時間 1000円(交通費として)
※施設、ご自宅にに伺います。
連絡先 新海智子
TEL:08050029289 kikuhito2020@gmail.com
このページより先のリンク先は、外部へのリンクとなる場合があります。各自の責任で閲覧をお願いいたします。
Copyright (c) 調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター All rights reserved.
〒182-0022 東京都調布市国領町2-5-15 コクティー2階
TEL:042-443-1220 FAX:042-443-1221 e-mail: