調布市市民プラザあくろす市民活動支援センター
画像3


整理番号 02-00023931
サークル名 あおい発達障害当事者会 ( あおいはったつしょがいとうじしゃかい )
簡単な内容紹介 発達障害者当事者等の懇親会(茶話会、座談会、情報交換、おしゃべり会)です。
活動内容 「あおい発達障害当事者会」は、5年以上にわたって原則毎月の複数のイベントを開催しています。場所は「調布あくろす(調布市民活動センターはばたき」「東京ボランティアセンター」その他で当事者会活動を行っています。
【目的】
 主に調布あくろす(調布市民活動センター)を会場に、当事者が穏やかに雑談する会「あおい」「なごみ」「女子会」「中高年の会」「グレーゾンの会」「リカバリーの学校(あおい校及び飯田橋校)」「ゲシュタルト療法」「まったり対話する当事者会」「ひきこもり会」「カサンドラ症候群の会」その他カラオケ茶話会、野川河川敷茶話会等のレクリエーションを通じて楽しみながらのSST等も行っています。
 当事者会は都内だけでも数多くありますが、当会は、参加して心なごんだ、また来て知っている顔をみて安心した、ちょっとした日頃あった話が聞けたり話せたりして良かったと思える会を目指しています。
 仲間と話をすることで、気持ちを共有し、共感しあうことは、それぞれの特性で日々疲れている気持ちをほぐしてくれるでしょう。

*平成30年5月からは「リカバリーの学校」の実施団体にもなっています。

【あおい茶話会の対象】(リカバリーの会は20才以上の精神、発達)
以下の条件をすべて満たす方または3の方に限ります。
1 発達障害当事者の方(診断、未診断を問いません)
2 現に就労しあるいは就労経験がある方
3 その他主催者が参加するに相当と判断した方
 ※対象者の方であっても、重度な二次障害などで他者の特性などにご理解がいただけないなど、わたくしどもの力不足で適切な対応ができかねると判断した場合は、参加をお断りする場合があります。予めご理解ください。
*イベントごとに変更する場合があります。
※1 他団体との連携
つむぎ
https://tsumugi-peer.com/
https://tsumugi-peer.com/archives/2082

*「リカバリーの学校調布あおい校及び飯田橋校」は、広く精神・発達の当事者の方にご参加いただけます。
*「リカバリーの学校」(おあい校及び飯田橋校)は、「リカバリーの学校調布校」(http://chofu-npo-supportcenter.jp/recoverychofu/)の応援、協力を得て運営、活動していますが、団体(運営、責任)は別です。
*調布市には、こころの健康支援センターで行っている大人の発達障害支援事業「ぽぽむ」茶話会「カモミール」がありますが、行政上の制約があり、当団体では、その補完、隙間として行政の支援対象にならない方その他の方を受け入れ、内容も行政上の制約なく調布市外からの参加、大人数での開催、自由な発言、自由で多様な活動内容を行っています。また発達障害も多くの割合を占めるひきこもり対策、自傷、自殺を防ぐ観点から一人きりにしない、一人で悩まないですむ安心安全な居場所を提供しています。
主催者はピアサポート専門員の資格を持ち経験豊かです。https://pssr.jimdo.com/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E5%B0%82%E9%96%80%E5%93%A1%E3%81%A8%E3%81%AF/
【今後開催するイベント及びお申込み】
https://www.kokuchpro.com/group/aoi/
直近のイベント
亀田先生の「まったり対話する当事者会」
【日時】2019年5月25日(土) 12:30〜15:30
【今回のテーマ】
「どうやって、本当の『多様性のある社会』を実現するか?」
【対象】20才以上の発達障害の特性をお持ちの方。
https://www.kokuchpro.com/event/ma5/
活動日 原則、月複数回開催となります。
*会場は原則として調布市民プラザあくろす、調布市市民活動支援センター、東京ボランティア・市民活動センター(飯田橋)で開催。
活動場所 調布市市民プラザあくろす
調布市市民活動支援センター
東京ボランティア・市民活動センター(飯田橋)
対象者 青年/成人/シニア/障がい者
入会条件 20才以上の大人の発達障害者(グレーゾンを含む)又は精神疾患、ひきこもり、支援者、カサンドラの方
https://www.kokuchpro.com/group/aoi/
レベル 特になし
入会金等 入会金なし。事前の入会登録はなく、イベントの都度参加登録すればご参加いただけます。
参加費原則無料(資料代、会場代等実費がかかる場合その他あり)
主な年齢層 20代/30代/40代/50代/60代/70代/80代
会員数 男性:300人  ・  女性:300人
ホームページURL https://kusubouki.wixsite.com/mysite
専門分野 保健・医療・福祉/障害者支援、社会教育/社会教育、文化・芸術・スポーツ/イベント企画
出前講座 【内容】あおい茶話会又はリカバリーの学校
【対象】(成人の精神・発達の当事者)
【期間】(原則一回単位)
【費用】(実費等要相談)
交通アクセス

 メンバー・会員募集

亀田先生の「まったり対話する当事者会」

亀田先生の「まったり対話する当事者会」開催のお知らせ
【日時】2019年6月22日(土) 12:30〜15:30
受付開始12:00 開会12:30 閉会15:30
同じ病いや障害を抱えた仲間同士、まったりと対話する場です。今回も亀田先生を迎えて「まったり対話する当事者会」を開催いたします。このようなイベントに参加されたことのない方も、安心して参加できるこの機会に是非ふらっとお立ち寄りいただき、亀田先生とまったり対話しましょう。
【亀田先生のプロフィール】
キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、介護福祉士、日本心理学会認定心理士。ADD・ASD・うつ病当事者。大学卒業後、知的障害者入所施設生活支援員、塾講師、工場作業員、高齢者介護施設職員を経て、現在特別支援学校職員。
<タイムスケジュール>12:00~ 受付(開始まで適宜おしゃべり)12:30~ チェックイン(自己紹介)13:00~ 内容・テーマ説明13:15 ~ 対話の時間①(14 :00~ 休憩)14:15 ~ 対話の時間②15:00 ~ ふりかえりシート記入15:20 ~ チェックアウト(ふりかえりの共有)15:30 終了
【今回のテーマ】
「どうやって、本当の『多様性のある社会』を実現するか?」
「多様性」の尊重と言われますが、一部では「多様性」を強く尊重するあまり、他人の「多様性を尊重しない」ケースがあるようです。その理由は何なのか?「多様性の主張」とエゴイズムを履き違えている?
「お互い様」の精神を忘れている?などなど…
【目的】
発達障害等の当事者がまったりと過ごす場(対話、雑談、ミーティング、学習会)です。初めての方歓迎です。亀田先生がファシリテーターとして司会進行しますので、その流れに委ねてまったりと過ごせます。遅刻、早退、中抜け可です(進行上開始時間に集まっていただければありがたいです)。 話しても話さなくてもいいし、自分のスタイルでまったりと参加できます。一人で参加しても複数のスタッフがついてますので安心です。参加者の誰もが安全で、まったりと、温かく、心穏やかに過ごせる、気楽に話せる、気軽に聞ける当事者の学ぶ場、憩いの場、あなたの居場所になるような会にしたいと思います。
【対象】20才以上の発達障害の特性をお持ちの方。
※当団体の趣旨から、対象者の方であっても、会の進行上、主催者の能力不足で対応できないと判断した場合等は、参加をお断りしますので予めご理解ください(できる範囲のことはします)。事情により開催日までの間にやむをえず中止することがあります。中止のご連絡をご登録のメルアドにお送りすることがありますのでメールにご注意ください。
<参加するにあたって>話したくないときは話さないで聞いているだけでもかまいません。司会者にその旨伝えるか、当てられたとき「パス」と言ってください。自分の考えや体験が違っても、批判したり、偉そうにいったりしないで、お互い尊重しあいましょう。ここで会った人や、聞いた話はみなさんも内緒にしますので、安心してお話しいただけます。当方で飲み物やお菓子を用意することがありますが、飲食は自由ですので、持ち込みも可です。飲み物等を買いに行くのも自由です。差し入れも歓迎です。ただし、ゴミは、会場では捨てられませんので、みんなで分けて持ち帰ります。途中で気分が悪くなったときは、司会やスタッフに声がけ願います。トイレ、休憩等で席を立つのも自由です。遅刻早退も自由です。
【参加費】
参加費は無料ですが、可能な方は500円を運営経費にご協力願います。
【持参するもの】
筆記用具●お願いあくまでも予定のため、念のため開催直前にもご確認ください。【懇親会】懇親会参加者のご意向により別会場(飲食店等)で行う場合もあります。注文した額(実費)が参加費となります。なおお釣りは必ずしもご用意できませんので、お釣りは会の運営費に充てさせていただくことがあります。
https://www.kokuchpro.com/event/ma5/
 

発達障害と食の講演&カウンセリング(あおい発達障害当事者会)

【イベント名】発達障害と食の講演&カウンセリング(あおい発達障害当事者会)
【日時】2019年6月16日(日) 13:00〜17:00
【内容】
https://www.kokuchpro.com/event/sho/ (←参加申し込みはここから)
講師の先生(女性)に、発達障害のこころとからだに良い食事についての講演と、個別カウンセリングを行います。
講演は30分。その後は個別カウンセリングを行います。
【講師、カウンセラーの紹介】
名前 澪(りょう)日本応用カウンセリング審議会認定カウンセラー。放送大学科目群履修認証制度「食と健康アドバイザー」取得。一般社団法人ペガサスにて講義「メンタルヘルスと食事」担当幼いころから、人間関係や自分が自分でない感覚に悩まされ、とあるきっかけで受診したところ、各所からASDとADHD(多動性)との診断を受ける。 その後自らの発達障害を克服すべく食生活を改善した経験から、身体の健康だけでなく、脳と心の健康における食事の重要性を実感し、通常の心理カウンセリングの他、「こころ・からだ・食事は三位一体」をキーワードに、食生活から見た心と身体についての講義やカウンセリング、バリアフリークッキング(包丁を使わないレシピや、電子レンジで出来るレシピ)の考案を行う。 なるべく費用や時間がかからず、誰でも改善の一歩を踏み出せる方法を提案することをモットーとしている。
【対象】
・発達障害の食事にご興味のある方
・個別カウンセリングを受けたい方
【参加費】
500円です。 
個別カウンセリングを受ける方は3,000円(今回は無料です)。可能な方は、運営費としてのご寄付をお願いします。 参加方法はこくちーずからお願いします。
【会場案内】
東京JR飯田橋駅前「飯田橋セントラルプラザ10階(東京ボランティア・市民活動センター)」
 【主催団体】
あおい発達障害当事者会
https://www.kokuchpro.com/group/aoi/
このページより先のリンク先は、外部へのリンクとなる場合があります。各自の責任で閲覧をお願いいたします。
Copyright (c) 調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター All rights reserved.
〒182-0022 東京都調布市国領町2-5-15 コクティー2階
TEL:042-443-1220 FAX:042-443-1221 e-mail: