調布市市民プラザあくろす市民活動支援センター
画像1


画像2


整理番号 02-00023931
サークル名 あおい中高年発達障害者会 ( あおいちゅうこうねんはったつしょがいしゃかい )
簡単な内容紹介 中高年の発達障害者が集まって情報交換する会です。
活動内容 【目的】
 主に調布あくろすを会場に、中高年当事者が穏やかに雑談する会「あおい」です。
 当事者会は都内だけでも数多くありますが、当会は、参加して心なごんだ、また来て知っている顔をみて安心した、ちょっとした日頃あった話が聞けたり話せたりして良かったと思える会を目指しています。
 仲間と話をすることで、気持ちを共有し、共感しあうことは、それぞれの特性で日々疲れている気持ちをほぐしてくれるでしょう。

【対象】
以下の1.~3.の条件をすべて満たす方または4.の方に限ります。
申し込み時年齢が45歳以上の方*1
発達障害当事者の方(診断、未診断を問いません)
現に就労しあるいは就労経験がある方
その他主催者が参加するに相当と判断した方
 ※対象者の方であっても、重度な二次障害などで他者の特性などにご理解がいただけないなど、わたくしどもの力不足で適切な対応ができかねると判断した場合は、参加をお断りする場合があります。予めご理解ください。
※1 45才未満の方でも趣旨をご理解いただける方は参加できる場合がありますのでお気軽にご照会ください。
※2 他団体との連携
つむぎ
https://tsumugi-peer.com/
https://tsumugi-peer.com/archives/2082
活動日 年数回の不定期開催となります。
*会場は原則として調布市民プラザあくろす、又は調布市市民活動支援センターで開催。
*不定期に、北区王子の北とぴあで開催。
活動場所 調布市市民プラザあくろす
調布市市民活動支援センター
北とぴあ(北区王子)
対象者 成人/シニア/障がい者
入会条件 原則45才以上の発達障害者
45才未満でも参加可能な場合あり。
レベル 特になし
入会金等 入会金なし。茶話会の参加費原則無料(資料代、会場代等実費がかかる場合その他あり)
主な年齢層 30代/40代/50代/60代/70代/80代
会員数 男性:100人  ・  女性:100人
ホームページURL https://kusubouki.wixsite.com/mysite
専門分野 保健・医療・福祉/障害者支援、社会教育/社会教育、文化・芸術・スポーツ/イベント企画

 メンバー・会員募集

あおい中高年発達障害当事者会 

茶話会の開催のお知らせ 
当事者同士なんでも気軽におしゃべりしましょう。 

【あおい4月の開催のお知らせ】

●日時:
2018年4月14日(土) 13:30〜16:30
●場所:
調布あくろす 研修室2
●詳細・お申込み
第4回「あおい」中高年発達障害当事者会
テーマ「聞く力」(4つのスキル、3つのコツ、7つのステップ)*変更する場合あり。
http://www.kokuchpro.com/event/0fa6f4c48394cdb4e7966f8b39475b08/
初めての方もお気軽にご参加ください。

・つむぎと連携しています。
https://tsumugi-peer.com/
https://tsumugi-peer.com/archives/2082

*「あおい」は、「あ」たたかく「お」だやかな「い」場所。

(参考:HP)
https://kusubouki.wixsite.com/mysite/home

【事務局】
団体名 あおい(「あおい中高年発達障害当事者会」)
所在地(郵便物送付先:小さい普通郵便以外は受け取れません)
    〒182-0022
    東京都調布市国領町2-5-15
    コクティー2階
    調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター内
    あおいメールボックス82
*スタッフ大勢(5,60代男女多数)で運営しています。

*あおい茶話会とは
 発達当事者の参加者相互によるピアサポートを目的として、同じ発達障害で個人的課題を抱える当事者同士が集まり、ミーティング形式で行います。
 参加者全員が和室で円になって、ひとりずつ順番に話し役になり、自分の経験や現在の状況、思いなどを語ります。
 話したくない人は無理に話さなくても構いません。発言中は他の者は話に傾聴します。なので、初めての方でも安心してご参加ください。
 「言いっぱなし」「聴きっぱなし」が原則です。批判したり、助言をしたり、発言者の感情に影響するような発言は行いません。
 普段思っていること、考えていることを話して聴いてもらうことを大切にします。その中で、お互いを尊重し、「共感」と「受容」を大事にしながら、自然治癒的に心が「適応」、「回復」していくことを目指します。

例えば11月のテーマは、
「強みと弱み」でした。
他者が自分をどう認知し評価しているか。
発達障害では、他者の感情等を適切に理解していくこいとが、社会生活の中で円滑な対人関係を形成するのに必要といわれています。
そして多くの失敗や周囲の無理解による自己肯定感や自尊感情の低さ、劣等感のある発達障害当事者が、実は自分が思っていたよりも周囲は自分を高く評価しているかもしれないといった、他者評価と自己評価の差を認識します。
その上で、自分の能力の強みと弱みを自覚した上で、しっかりと能力を発揮するために心がける行動や姿勢を明らかにして、社会生活を向上させていきましょう。
このページより先のリンク先は、外部へのリンクとなる場合があります。各自の責任で閲覧をお願いいたします。
Copyright (c) 調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター All rights reserved.
〒182-0022 東京都調布市国領町2-5-15 コクティー2階
TEL:042-443-1220 FAX:042-443-1221 e-mail: