調布市市民プラザあくろす市民活動支援センター
整理番号 02-00024266
サークル名 つぼみの会 ( つぼみのかい )
簡単な内容紹介 口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)児を持つ親子の会
活動内容 「つぼみの会」は平成6年に調布保健所で発足した口唇口蓋裂の子どもをもつ親の会です。現在は、自主グループになりましたが、年4回程度集って治療方法のこと、病院のこと、生活上や育児の小さな心配事、悩み等・・・楽しくおしゃべりしながら情報交換をしています。
活動は基本的には、5,9,11,3月の開催予定になります。場所の申込みが前月のため日にちはホームページなどでご確認ください。
活動日 年4回。
5,9,11,3月になります。詳細が決まり次第、ホットニュースでお知らせします。

活動時間 10:00~12:00
活動場所 子ども家庭支援センターすこやか 会議室
対象者 どなたでも
入会条件 口唇口蓋裂児を持つ親子、関係者
レベル 特になし
入会金等 なし
主な年齢層 10代/20代/30代/40代
会員数 女性:30人
専門分野 保健・医療・福祉/障害者支援、子ども/その他

 お知らせ

11月のつぼみの会 活動報告

11月10日(金)、調布市国領の子ども家庭支援センターすこやかにて、つぼみの会が開かれました。天気も良く、沢山の方が参加してくれました。

今回話題に多く上がっていたのは言語や歯の矯正などのことでした。
形成の手術は病院によってある程度のガイドラインがあり、適正な時期に治療が進められていきますが、言語は地域の療育での訓練を模索したり、矯正歯科は自分で探して通わせなければならない場合もあります。

口唇口蓋裂は形成以外にも発音や噛み合わせなど、親にとって気になるところも多く、多角的に子どもの発達をみて適正な治療や訓練を受けることでより良い状態に治していくことができます。

今回は、言語訓練の受け入れ先を積極的に探して見つけたというお母さんたちもいて、情報をシェアしてくれました。
みんな一生懸命子育てしているのを感じます。お互いにそんな姿を見て、励ましたり励まされたりしながら勇気をもらえるのもこの会のいいところなのではないでしょうか。

次回は3月の開催になります。日程が決まり次第、ホットニュースでお知らせします。



 

9月のつぼみの会活動報告

9月8日(金)、調布市国領の子ども家庭支援センターすこやかにて、つぼみの会が開かれました。

今回は多摩府中保健所から保健師さん2人が一緒に参加してくださいました。

今回話題に上がったことの中のひとつに、授乳の大変さがありました。
手術をするため体重を増やさなければならないのにうまく飲んでくれない。一回の授乳に時間がかかってお母さんが眠れない。病院や周りの人たちが母乳をあげるのを勧めてくる。
生まれてすぐに今後の不安に加え、こんなプレッシャーとストレスで精神的にも体力的にも辛くなります。
つぼみの会にも同じ経験をしてきたお母さんがたくさんいます。
「ピジョンのP型を使って」などの助言もできますが、この経験を分かち合えることが一番なんじゃないでしょうか。
「分かる分かる、よーく分かる」って思うことが今回もたくさんありました。

次回は11月に開催の予定です。
日程が決まり次第、お知らせします。




このページより先のリンク先は、外部へのリンクとなる場合があります。各自の責任で閲覧をお願いいたします。
Copyright (c) 調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター All rights reserved.
〒182-0022 東京都調布市国領町2-5-15 コクティー2階
TEL:042-443-1220 FAX:042-443-1221 e-mail: