調布市市民プラザあくろす市民活動支援センター

回収すれば資源!  捨てればただのごみ!

年間250億膳も生産されている「わりばし」。その総材木量は46万平方メートル強。延べ床面積40坪の住宅が1万8千500戸も建てられるのです。
 家庭、レストラン、蕎麦屋、社員食堂、学校食堂などで、「いただきまぁす」でパチッと割られ、「ごちそうさま」でポイッと捨てられていた「わりばし」。たった1回使っただけで「ごみ」として燃やされていた「わりばし」。ごみ処理工場で燃やす費用が全国で年間3億7千万円もかかっているのです。
 「わりばし」を回収して再生することによって、「ごみを減量」し、「焼却処理費用を削減」するとともに「二酸化炭素放出による地球温暖化を抑制」に効果を上げ、廃棄木質資源を有効活用することによって、地球の森林の荒廃を防止しております。


わりばしは、紙製品やパーティクルボードに再生されます

画像2
回収したわりばしの箱詰め
●紙製品(木箸に限定)
 わりばし3膳 ・・・・・ A4判コピー用紙1枚
 わりばし100膳 ・・・ 週刊誌1冊分の用紙
 わりばし2500膳 ・・ ティッシュペーパー15箱分の紙
●パーティクルボード(木箸・竹箸混入可。竹串不可) 受入工場:小名浜合板(株)
 16.5kg分のわりばしで、厚さ15mm、畳1枚分の大きさのパーティクルボードが再生できます。
 (パーティクルボードとは: 不用木材を粉砕して小片にし、合成樹脂接着剤を用 いて成形熱圧して作られた板です。学校など公共施設、オフィスや住居など身近なところで、テーブル、フローリング、収納・・・と幅広く使われています)

わりばし回収ボランティア活動はグラウンドワークです

画像3
調布市主催・環境フェアでの「くるりん」コーナー
「市民と行政と企業(事業者)」がパートナーシップとなって、身近な生活環境を改善していく活動をグラウンドワークといいます。
 「くるりん(市民ボランティア)」が「店舗・事業所(企業)」から使用済みわりばしを回収して、「調布市クリーンセンター等(行政)」の支援を受けて、「リサイクル工場(企業)」に供給する「ゴミ減量と廃棄木質資源活用」活動です。
 調布市内外から集められたわりばしを、箱詰めして永大小名浜(株)に送っています。平成26年は年間7トンを超えるわりばしを送り出しました。

整理番号 02-00501004
サークル名 わりばしリサイクルグループ「くるりん」 ( わりばしりさいくるぐるーぷ )
簡単な内容紹介 使用済み割り箸を回収してリサイクルするために発送する活動★活動おやすみ予定おしらせ★ (H30 9月~H31 3月末迄)活動をお休みしますので、ご注意ください★
活動内容 「いただきます」でパチンと割られ、「ごちそうさま」でポイと捨てられていたわりばし達。捨てないで回収すれば、半永久的に紙製品や家具材に再生されて、再び皆様のお役に立つことが出来るのです。
わりばしリサイクルグループ「くるりん」は、17年前から皆様のご協力をいただいて、今までに90t以上のわりばしを送り出し、リサイクルすることが出来ました。
ボランティア募集中! 実働後に毎回茶話会あり。およそ月に1回午後発送作業あり。
活動日 毎週木曜日 
活動時間 午前9時から約1時間
発送日 午後3:30~4:30
活動場所 菊野台地域福祉センター
対象者 どなたでも
入会条件 元気な方
レベル 特になし
入会金等 入会金 なし
会費 なし円 / 
主な年齢層 40代/50代/60代/70代
会員数 男性:7人  ・  女性:3人
専門分野 環境/リサイクル
出前講座 【内容】
【対象】(小・中学生、高齢者、一般、初心者、その他)
【期間】(一回単位で、一定の期間、継続的に)
【費用】(無償、交通費程度、実費、その他)
連絡先 菊野台コーナー(火・木・土)
TEL:042-481-6500 FAX:042-481-6500 kikunodai@ccsw.or.jp
このページより先のリンク先は、外部へのリンクとなる場合があります。各自の責任で閲覧をお願いいたします。
Copyright (c) 調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター All rights reserved.
〒182-0022 東京都調布市国領町2-5-15 コクティー2階
TEL:042-443-1220 FAX:042-443-1221 e-mail: